ホーム

肌の乾燥が角質肥厚を招く

乾燥のケアする女性

角質肥厚はターンオーバーが乱れて、肌の表面に角質が多く溜まってしまう状態を指します。 角質は肌のバリア機能も兼ねているのですが、必要以上に厚くなることは決して良い状況ではありません。 くすみ、シミ、肌荒れなど様々な肌トラブルの原因になるので、できるだけ早くケアをすることが必要です。 ただ、角質肥厚になっているかどうかの判断は目視でわかることではありません。トラブルが発生して初めてわかることです。
目安となるのが肌の乾燥です。粉が吹いているような状態だったり、ささくれのようになっていたら危険信号です。 化粧水をつけても吸い込むばかりで潤いを感じられない、触った時に吸い付くような触感がないといった時には、角質が確実に溜まっている証拠です。 肌の乾燥が最も角質肥厚になりやすく、肌がダメージを受けやすい状態になっているので、一刻も早く適切なケアが必要です。

肌が乾燥するのはセラミドや天然の保湿成分が不足するからです。 どうして不足するのかといえば、加齢による肌の老化によって体内の生成機能が低下している、食生活が乱れていて栄養が足りない、 紫外線によって過度な日焼けをした、などが理由として考えられます。乾燥状態を改善するには、保湿することが最も大切です。 よく乾燥しているのは水分が不足しているから、と考えて化粧水ばかりを大量に付ける人がいますが、これは逆効果になります。
肌がカサカサとているということは水分を保持する力が弱っていることですから、保湿成分を補うことが必要です。 使用する化粧品は、セラミドや天然保湿成分などが配合されているタイプを選ぶと効果的です。 叩きつけるように塗布するのではなく、毛穴のひとつひとつに押しこむように付けることがポイントです。 そして、化粧水で補った水分を肌細胞にとどまらせるために、乳液や美容液も忘れずにつけましょう。 肌細胞が潤っていれば、余分な角質は排泄されやすくなるので、角質肥厚になることはありません。

スキンケアで角質肥厚を予防する

休養する女性

角質肥厚はターンオーバーが乱れることによって起こりやすい肌トラブルで、角質層が健康な時より厚くなってしまう状態をいいます。 角質は不要なものではなく、肌のバリア機能を保持するためにはある程度はあったほうが良いのですが、ありすぎると肌に良い影響を与えません。 ケアをせずに放置すれば、くすみ、シミ、しわ、乾燥、などの原因となるので、できるだけ溜めないようにすることが美肌維持には大切です。
角質肥厚になってしまうと、高品質の化粧品を使用しても、成分が毛穴が浸透しにくくなるので、効果が感じられないということもあります。 ターンオーバーが正しく行われていないことを実感するのはなかなか難しいのですが、肌の状態が悪くなっていれば、可能性は高いといえます。 スキンケアによって解消することができるので、肌トラブルが起こった時にはまずは角質のケアをすると良いでしょう。

角質肥厚解消のスキンケアは、洗顔が基本です。通常の洗顔剤では厚くなってしまった角質を取り除くことは難しいので、スクラブ入りやピーリング剤などを利用するのが効果的です。 また、クレータイプのパックなどにも角質を除去する効果ある製品があります。定期的に角質除去のスキンケアを実施していれば、肌トラブルが起こりにくくなります。 ただし、ターンオーバーが乱れたままでは、スキンケアを定期的に行っていても肌細胞が活性化されることはありません。 正しい周期で肌が再生されるようにするには、肌細胞にセラミドや天然の保湿成分が必要です。
体内での生成力が低下しているので、配合されている化粧品を利用して補うと効果的です。 さらに、体内からの働きかけも大切です。ビタミンやミネラル、良質なたんぱく質など、栄養成分のバランスが整った食事をすること、良質な睡眠と適度な運動も必要です。 また、加齢による老化が気になっている場合には活性酸素を除去するポリフェノールやアスタキサンチンを意識して摂取すると効果的です。

紫外線による乾燥が角質肥厚になる

紫外線を浴びるとビタミンDが生成されて健康によい、と言われた時期もありました。 しかし、紫外線は浴びすぎれば美容と健康には効果がありません。 特に、美容にとっては大敵で、肌が乾燥したり、細胞の奥にまで届くとコラーゲンを破壊することもあります。 角質は肌を守る働きを持っていますが、過度な負荷がかかると防御機能が働いて通常より厚くなってしまいます。 この状態を角質肥厚とよんでいますが、ターンオーバーの乱れによっても起こる現象です。 防御反応だとしても厚くなったまま放置すれば、乾燥、くすみ、しわ、たるみなど別の肌トラブルを招いてしまうので、早い段階で改善する必要があります。 垢抜けないという表現を使うことがありますが、角質肥厚になっている状態から来ている言葉です。 つまり、美肌維持のためには紫外線対策をすると同時に、角質のケアをすることが大切ということです。

紫外線

紫外線対策に必要な物は日焼け止めです。製品によって効果の持続時間はまちまちですが、1日に1回つければ良いというものではなく、日に数回使用する必要があります。 また、ファンデーションにもUVケア効果のあるものを選ぶと良いでしょう。 使用するのは紫外線の強い春から夏場の外出時のみで良いというものではなく、通年を通して、できれば自宅でくつろいでいる時にも使用すると肌の乾燥を予防できます。 化粧品以外では、UV加工された衣類を着る、日傘を差すなどしっかりと対策をしておけば、少なくとも日焼けによる角質肥厚は防ぐことは可能です。 もし、対策が不十分で角質が過剰に厚くなった場合には、早めにケアをすることが必要です。 日焼けをしたままでケアもせずにいると、メラニン色素が沈着してシミやそばかすの原因となりますし、乾燥肌の原因にもなります。 日焼けをしたら、まずは肌を鎮静化させましょう。 肌が痛い状態で保湿ローションなどを塗ると炎症を起こすことがあるので、まずはほてりを鎮めます。 そして、落ち着いたところでたっぷりと保湿をします。

関連メニュー